2009年にリリースされた話題の新オペレーションシステムである、「ウィンドウズセブン」ですが、もうご購買した方もいらっしゃるでしょう。

我が家はXPを使っていますが、まだまだ、実際、買い替えは先になりそうです。

このウィンドウズセブンは、従来のオペレーションシステムと比べると、エディションがまったく増えています。

WindowsXPですと、「ホーム」、そして「プロフェッショナル」に関しての2エディションだけでした。

また、Windowsビスタはどうかといいますと、「ホームプレミアム」や「ビジネス」を実際にはじめとした、5エディションでした。


ですが、今回のウィンドウズセブンに関しては、全部で6タイプのエディションがあります。

「スターター」、あるいは、そして「ホームベーシック」、それに、実際、「ホームプレミアム」です。

それから「プロフェッショナル」、そして「エンタープライズ」とさらに「アルティメット」です。

日本ではホームベーシックがリリースされませんので、実際に5つのエディションとなります。



日本で手に入るのウィンドウズセブンのエディションは5タイプ、この中でネットブックなど、スペックが低い感じのパソコンを除いたら、個人向けパソコンに関しては「ホームプレミアム」がメインに搭載されるといいます。

このエディションの中で、実際、特に目を引く新しい感じのが「スターター」です。

スターターエディションは、同時にブートさせられるアプリケーションが3つまでと、使えるファンクションを絞る予定でしたが、結局それはまったくなくなりました。

では、どんなパソコンにこのエディションが使われるかといいますと、ネットブックなどの、かなりスペックが低いパソコンに搭載されます。

先ほどお話しましたように、市販の個人向けパソコンに関しては、ウィンドウズセブンの「ホームプレミアム」がだいたい搭載されます。

そして、ウインドウ枠を半透明にできる「Aero」、また、音楽、動画を楽しめる「メディアセンター」なども、実際、入っています。

こうしたパソコンが、我々、個人活用者が使うメインになります。

一方、「ホームプレミアム」が個人向けエディションであることとはまったく反対に「プロフェッショナル」に関しては企業向けです。

名前からしてもプロ用というようなことです。

この「プロフェッショナル」に関しては、「ホームプレミアム」の全ファンクションが搭載されているというようなことはもちろんですが、他にもいろいろ企業向けのファンクションがあります。

例としては、ファイルを保存、送信するようなときの暗号化、もしくはネットワーク管理などができるようになっていて、仕事をする上で便利なファンクションであり、セキュリティ面でも安心です。



ウィンドウズセブンのエディションで、最上位のエディションになるというようなものは「エンタープライズ」と「アルティメット」です。

これらのファンクションは同じ水準ですが、「アルティメット」は個人の活用者向けであり、「エンタープライズ」に関しては大企業向けです。


ウィンドウズセブンにおけるエディションはWindowsビスタとは違う点があります。

それは、上位版エディションが、実際、下位版エディションのファンクションを全部含んでいるというようなことです。

Windowsビスタのケースは「ホームプレミアム」エディションに関しては入っているファンクションが、それより価格の高い「ビジネス」エディションに入ってないと言った感じの問題がありました。

こんな風に、ビスタの場合ですと、高いお金を出して買ったほうのエディションに関しては、安く購買できるエディションの中のファンクションが入っていない感じのことがありました。

これは活用者としてはクレームを、実際、言いたくなります。

これらの点を考慮して、新しいオペレーションシステムのウィンドウズセブンは考えられています。

エディションの価格がかなり高くなればなるほど、それに見合ったファンクションが搭載されているんです。

尚、以前、すでにビスタを購買して、「ビジネス」エディションを使っている企業に関しては、先行優待サービスが受けられました。

では、ウィンドウズセブンのエディションに関してカンタンに説明してください。

ます「Starter」です。

このスターターエディションに関してはスペックが低い上、かなり安いコストのパソコンを対象に搭載される感じのエディションです。

OEM(他社ブランドの商品を作る企業)向けに提供されるというようなものは32ビット版のみです。

これは、使えるハードウェアに、実際、制限がいくつかきちんと設定されています。

WindowsAeroもまったく入っていませんし、WindowsMediaCenterもありません。

そして、MPEG2コーデックが、まったく入っていませんので、これを再生するに関しては他のが必須となります。


MPEG2をウィンドウズセブンで再生したいケースに関しては「WinDVD」や「PowerDVD」のようなソフトが必須です。

当初の感じの予定でした、アプリケーションの制限についてはなくなりましたが、スターターエディションでは、デスクトップ壁紙がまったく変更できないという制限があります。

次にウィンドウズセブンの「Home Basic」です。

6タイプのエディションの感じの1つであり、ホームベーシックエディションに関しては、新興市場向けのエディションです。

インドやインドネシア、ブラジル、中国、タイ、また、パキスタンやバングラデシュ、そして、フィリピンやメキシコで販売されています。

日本では、実際、提供されていない感じのエディションです。

また、ウィンドウズセブン「HomePremium」です。

ホームプレミアムエディションに関しては、私ども一般的な消費者向けの感じのエディションです。

MediaCenterも入っていますから、WindowsビスタのHomePremiumに準拠したような内容になっています。

ご家庭でパソコンを楽しむ方、趣味で使う方に関してはこれできっと十分ではないでしょうか。

それでは飽き足らず、さらに上を目指す、上級の活用者や、ビジネスでは小規模の感じの会社向けであるエディションが、ウィンドウズセブン「Professional」です。

プロフェッショナルエディションに関しては、「HomePremium」に含まれている全ファンクションが入っている上、WindowsServerドメインへ参加できるファンクションなども含まれます。

ビジネスに使えるファンクションが搭載されているようなエディションです。


更に大規模な企業向けのエディションがウィンドウズセブン「Enterprise」です。

エンタープライズエディションは、どんな活用者向けかと言えば、規模の大きいビジネス展開をする活用者でしょう。

提供の形に関してはボリュームライセンスのみと、実際、なっています。

では、このボリュームライセンスとは、一体、何でしょうか?


これは、通常、こうしたオペレーションシステムの販売は、商品1個につき、1台のパソコンにインストール出きるようになっています。

これはライセンス契約というもんです。

ボリュームライセンスというようなものは、例としては、1枚のCDROMに普通は1個存在するシリアルナンバーが、多数存在し、会社単位で購買すれば、パソコン数百台にもインストール出きるというようなことです。

このような契約を、実際、ボリュームライセンスと呼びます。

勿論、大量に購買する訳ですから、1個当たりの単価は、我々が購買する単価より安くなります。

どれぐらい安くなるのか関心があるところです。

そして、ウィンドウズセブンのエディションであるエンタープライズに関しては、ウィンドウズセブンの「Ultimate」とだいたい同じファンクションがすべて含まれています。

Windowsビスタ「Enterprise」と同様、「Virtual・パソコン」 がすべて標準で搭載されています。

消費者向けのウィンドウズセブンで、最上位版であるエディションが「Ultimate」です。

アルティメットエディションはWindowsビスタ「Ultimate」とだいたい同じファンクションを備えています。

これを買えばすべてが搭載されているというようなことです。

さて、ウィンドウズセブンのエディションをご紹介してきましたが、ビスタと比較してみると、ウィンドウズセブンは、パフォーマンスが向上しています。

また、軽量化にも成功、ファンクション削除やインターフェース等の変更が行われていて、ブート時間が短縮されているというようなことです。

買い替えを検討している方は、この新しいオペレーションシステムを購買されてみては如何でしょうか。
[PR]
# by mgbln | 2010-03-20 22:28
Microsoftからリリースされた、「ウィンドウズセブン」をご存知でしょうか?
これは、パソコン用の新しいオペレーティングシステムで、前回、リリースされた「Windowsビスタ」(Windowsビスタ) の後継のバージョンです。

ウィンドウズセブンはその開発が2009年の7月22日に実際に完了して、同年の10月22日にリリースされました。

リリース開始時間までは、ショップ前に大行列ができるくらい話題になりました。

ウィンドウズセブンは通称、「win7」と、実際、呼ばれています。


ウィンドウズセブンが開発される感じの間、「Blackcomb」と仮名で呼ばれていました。

それが「Vienna」に変更され、お終いは「ウィンドウズセブン」に改名されました。

では、このウィンドウズセブンの「7」とは、一体、何を示しているのでしょうか?
実はこれは七番目という意味なんです。

初めが「Windows1.0」、そして次が「Windows2.0」、三番目に関してが「Windows3.x」でした。

そして四番目が、実際、「Windows4.x」です。

これに関しては、Windows95やWindows98、そしてWindows98、あるいは、Second Edition、またWindowsMeで知られています。

五番目のWindows5.xに関してはWindows2000やWindowsXPです。

また、六番目のWindows6.0はWindowsビスタです。

これらに続いた感じの七番目のメジャーリリースですから、実際に「7」という数字が付きました。

Microsoft社のWindows開発チームは、「Windowsビスタ」を基にして、改良したカーネルが「ウィンドウズセブン」に使用されていると発表しています。

ですから、カーネルの新規開発はされていないというようなことになります。

みなさん、カーネルとは何のようなことでご存知でしょうか?
英語で「Kernel」と書きます。

通称、オペレーションシステムと呼ばれている感じのオペレーティングシステムの実際に中核となるのがカーネルです。

これは、システムのリソースをきちんと管理しています。

カーネルはオペレーションシステムが普通、行なう処理、殆どを担当しているんです。

例としては、タスクの切り替えや、システムコントロールなど、そして、仮想記憶処理と、カーネルはオペレーションシステムのファンクションである部分の殆どを行っています。

反対に言えば、カーネルに関しては、自分自身からは何もしない感じのソフトです。

コマンド、あるいは、アプリケーションのリクエストに応じて、実際にいろいろな処理を行ないます。

CPUから接続されているハードウェア、そして、アプリケーションからのリクエストにきちんと応えるのがカーネルなんです。

カンタンに言えば、ハードウェアとソフトウェアがきちんと互いにやり取りできる感じのために、活躍している部分です。

ですから、以前に流れた噂である、「Microsoft社はウィンドウズセブンようのカーネルを新規開発している」というようなものはデマだったというようなことです。

結局、「Windowsビスタ」が基になっている改良カーネルが七番目のオペレーションシステム、ウィンドウズセブンに使われました。
[PR]
# by mgbln | 2010-03-20 22:27