七番目のウィンドウズセブン

Microsoftからリリースされた、「ウィンドウズセブン」をご存知でしょうか?
これは、パソコン用の新しいオペレーティングシステムで、前回、リリースされた「Windowsビスタ」(Windowsビスタ) の後継のバージョンです。

ウィンドウズセブンはその開発が2009年の7月22日に実際に完了して、同年の10月22日にリリースされました。

リリース開始時間までは、ショップ前に大行列ができるくらい話題になりました。

ウィンドウズセブンは通称、「win7」と、実際、呼ばれています。


ウィンドウズセブンが開発される感じの間、「Blackcomb」と仮名で呼ばれていました。

それが「Vienna」に変更され、お終いは「ウィンドウズセブン」に改名されました。

では、このウィンドウズセブンの「7」とは、一体、何を示しているのでしょうか?
実はこれは七番目という意味なんです。

初めが「Windows1.0」、そして次が「Windows2.0」、三番目に関してが「Windows3.x」でした。

そして四番目が、実際、「Windows4.x」です。

これに関しては、Windows95やWindows98、そしてWindows98、あるいは、Second Edition、またWindowsMeで知られています。

五番目のWindows5.xに関してはWindows2000やWindowsXPです。

また、六番目のWindows6.0はWindowsビスタです。

これらに続いた感じの七番目のメジャーリリースですから、実際に「7」という数字が付きました。

Microsoft社のWindows開発チームは、「Windowsビスタ」を基にして、改良したカーネルが「ウィンドウズセブン」に使用されていると発表しています。

ですから、カーネルの新規開発はされていないというようなことになります。

みなさん、カーネルとは何のようなことでご存知でしょうか?
英語で「Kernel」と書きます。

通称、オペレーションシステムと呼ばれている感じのオペレーティングシステムの実際に中核となるのがカーネルです。

これは、システムのリソースをきちんと管理しています。

カーネルはオペレーションシステムが普通、行なう処理、殆どを担当しているんです。

例としては、タスクの切り替えや、システムコントロールなど、そして、仮想記憶処理と、カーネルはオペレーションシステムのファンクションである部分の殆どを行っています。

反対に言えば、カーネルに関しては、自分自身からは何もしない感じのソフトです。

コマンド、あるいは、アプリケーションのリクエストに応じて、実際にいろいろな処理を行ないます。

CPUから接続されているハードウェア、そして、アプリケーションからのリクエストにきちんと応えるのがカーネルなんです。

カンタンに言えば、ハードウェアとソフトウェアがきちんと互いにやり取りできる感じのために、活躍している部分です。

ですから、以前に流れた噂である、「Microsoft社はウィンドウズセブンようのカーネルを新規開発している」というようなものはデマだったというようなことです。

結局、「Windowsビスタ」が基になっている改良カーネルが七番目のオペレーションシステム、ウィンドウズセブンに使われました。
[PR]
by mgbln | 2010-03-20 22:27